音楽

思い出のダンスマニア②「キャプテン・ジャック」byキャプテン・ジャック



『ダンスマニア』のメインアーティストと言えば、スマイルdk、E-ROTIC、キャプテン・ジャック

ドイツのダンス系音楽ユニット、キャプテン・ジャックの「キャプテン・ジャック」は『ダンスマニア』シリーズの多くに収録されてるスタンダード・ナンバー。

ラッパーのフランキー・ジーは軍隊経験ありということで、軍の行進曲をモチーフにした曲ばかり。とにかくノリがいぃっス!

2005年に43歳で亡くなったフランキー・・・2000年の来日の際にFMW冬木弘道(故人)を相手にプロレスデビューするもボロ負けだったな。ラリアットにソバット、パワースラムを繰り出すなど頑張ったけど、相手が悪すぎた。当時、所属レスラーだったAV男優チョコボール向井が相手だった方が良かったよな~。彼の試合を日テレ『コロッセオ』(『全日本プロレス中継』打ち切り後に掛布雅之MCのプロレス格闘技の情報番組)で取上げられていたのを鮮明に覚えてる。もし、フランキーが生きていたら芸能人らも参戦していたハッスルでも試合をしていたかも?!いや、して欲しかったわぃ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボンクラ歌謡① 「新宿酔いどれ番地」by菅原文太



菅原文太が歌う「新宿酔いどれ番地」

コレ、文太主演の東映ヤクザ映画『新宿酔いどれ番地 人斬り鉄』の主題歌。
劇中でも頻繁に流れます!

タイトルが新宿にも関わらず、メイン舞台は東京・福生(笑)。
文太の代表作『仁義なき戦い』シリーズみたいな実録タッチのエネルギッシュなバイオレンスとは一味も二味も違ったヤクザ映画でした。

共演者も舘ひろし、後に覆面レスラーのザ・コブラに変貌するジョージ・高野らキャスティングも異色。でも、悪役・成田三樹夫がいぃ味出してて、最後は文太とサシで勝負!
そう言えば、文太&舘にボコられるチョイ役で苅谷俊介も出てたな。舘と苅谷の共演って『西部警察』が初と思う方が多いと思うけど、この作品が初共演でした!でも、レイバンのグラサンをかけた文太、舘、苅谷の3ショットを見て『西部警察』を連想する方がそこそこいてると思うわ。

映画の主題歌を色々と歌った文太サンの「新宿酔いどれ番地」…なかなかの珍味やな。個人的には、文太サンが『仁義~』でブレイクする前に主演した『博徒仁義 盃』の主題歌『博徒仁義』もじっくりと聴いてみたいわぃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出のダンスマニア①「サンシャイン」byアンボーザ

高3の夏によく聴きまくった曲。

ツレから借りたCD『Dancemania DELUX』に収録。

ノリが良くて即お気にに!

ジプシー・キングスの名曲「バンボレオ」をフィーチャーしてます!!

そう言えば、「バンボレオ」ってマイケル・パレ主演のB級アクション映画『ボディハード』でパレとバーバラ・カレラのベッドシーンで使用されてた(笑)。名曲がエロいシーンを盛り上げたんです!!印象的なシーンはそれぐらいで、肝心なアクションはダラダラと冗漫やったな…。

まぁ、とにかくアンボーザの「サンシャイン」…俺の中では思い出の名曲なんすよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)