外国映画 や行

ユナイテッド93

2001年9月11日、アメリカ全土をはじめ世界中を震撼させた史上最悪の事件が勃発した。それが9・11世界同時多発テロである。民間航空機四機がハイジャックされ、そのうちの二機は世界貿易センタービルに激突。もう一機はペンタゴン国防総省に激突。最後の一機であるユナイテッド93便はホワイトハウス激突を目的としたが、ペンシルバニア州に墜落。本作はユナイテッド93便内の出来事を中心に描いたものである。

本作を製作するに当って、遺族の方々や関係者たちに綿密な取材を遂行。取材で得た証言に基づき、実際の出来事に近い状況を再現。それだけに丹念な出来ばえであり、被害者、テログループ、各管制塔関係者の描写や事態の展開を克明に描いたドキュメンタリータッチな仕上がりである。

先入観を持たせないためなのか、本作には有名なスターが一人も出演していない。出演者は実際の93便の乗客の年齢等をしっかりと考慮した上で選抜された役者たちと本職のパイロット、事件当時に関わっていた管制官が起用されている。キャスティング面でもリアリティーを追求するための工夫がされている。

機内で家族の事や今後の予定を話すパイロット、乗務員、乗客が突然、テロという悪夢を目の当たりにし、あまりの恐怖に震え上がり、泣き崩れるシーンは実に痛々しく、見ている我々もゾクゾクするほどの恐怖感を覚えた。一方、各管制塔の関係者が切羽詰った極限状態で翻弄するシーンは臨場感と緊迫感に満ち溢れた厚みのある描写である。

終盤のシーンは被害者である乗客たちが一致団結し、勇気と知恵を振り絞ってテロリストに真っ向から挑むシーンはパワフルであり、ごく普通の人々である彼らの勇敢な姿が印象に残る。だが、残念ながら93便は墜落し、彼らは命を落としてしまったが、ただ犬死にしたのではない。愛する家族を思い、全員無事に還れることを祈りながらも死を覚悟してテロという巨悪と戦ったのである。

本作はテーマが重いと思われるかもしれないが、テロに対するプロパガンダ要素や政治性、社会性を追求した堅苦しい作品ではない。だからといって娯楽要素満載の商業用映画でもない。このようなことが二度と起きないように、そして忘れてはならないというメッセージを映像という形で残したものだと捉えたい。

ユナイテッド93 DVD ユナイテッド93

販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日:2006/11/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|